2010年02月27日

20102/2、3の都市計画変更素案の説明会報告

2月3、4両日に開かれた東京都の都市計画変更素案の説明会について、報告します。

この説明会には、寒い中、計600人余りの人が訪れました。道路の幅をこれまでの計画よりも広げて、32〜36mに変更するというものです。36m幅の道路をまっすぐ計画通りに平面構造でつくれば、どれだけ多くのメリットがあるかについて、スライドで数十分間説明された後、質疑応答が行われました。

質疑応答では、この道路計画に対する不安や疑問が相次いで出されました。わざわざ雑木林をつぶすのではなく、府中街道を整備すればよいのではないかという意見や、雑木林のすぐ前に住んでいるが、地下構造にすることはできないのかという意見、あるいは、この説明会の位置付けや計画変更の可能性に対する疑問、説明会の議事録公開や土日の開催を求める意見、などが相次ぎました。

このように、住民から出された意見や質問は、都の素案ややり方に反対するものばかりで、一人だけ、道路をつくることには基本的に賛成だがと口にした人も、この説明会のやり方は不信を煽るだけだ、と苦言を呈しました。

質問は一人一回に限定され、再質問できないために、十分に噛み合った質疑応答はできませんでしたが、東京都の街路計画課長から、案はまだ素案の段階であり、今後、「説明会で出された意見も踏まえて案を作成する」という発言を引き出せたことは、一つの成果だと思います。

質問できなかった人も多いまま、時間切れでの終了となりました。今後のスケジュールも示され、都市計画案の確定にはまだ1.5〜2年はかかるだろうということでした。都には、住民の意見をきちんと聞き、反映させることを求めていきたいと思います。


posted by 338 at 00:00| 338号線計画を考える資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

2/22、小平市長に要請書を提出

以下のような要請書を2月22日(月)に小平市長に提出しました。東京都も小平市も、現在検討しているという対応です。

市長、副市長にはお会いできず、小平市都市計画部とのやりとりしましたが、その中で、会のメンバーが以下のように話しました。
「23区でも理事者レベルが意見を言っていったところは計画が変更になっている。基礎自治体の力が大きい。権限も力もあるのだから、市がもう一歩ふみこんでくれると事態はずいぶん変わる」

地元自治体として、小平市が市民の声を聞き、市民と一緒になって東京都と交渉する姿勢を見せてほしいと願います。

さて、明日から環境影響評価調査計画書の縦覧が始まります。小平市役所には貸し出し用の環境影響評価調査計画書が今のところ2部用意してあり、足りないようなら東京都に請求するということです。2部では足りないのでは?? どんどん意見書を出しましょう!

この計画書は2月8日に都知事に提出されていたようです。説明会の直後です。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/topics/h21/topi044.htm
計画書の要約が都のホームページに出ています。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/topics/h21/topi044-1.htm


_____________________

要請書

                                2010年2月22日
小平市長殿

都道小平3・3・8号線計画を考える会


 まだ寒い日が続いています。2月3,4両日に開催された小平都市計画道路3・3・8号線の都市計画変更素案の説明会には、寒い中、数百人規模の市民が訪れ、この問題への関心の高さが伺われました。

 当日は、都側からの説明の後、質疑応答が行われましたが、時間的制約のために、まだ多くの人が手を挙げたまま、発言できない状態での終了となりました。また、質問することができた人も、一人一回に制限されたため、回答に対する再質問ができず、納得できないままという場合も多くありました。

 質問のなかには、もっと説明会を開いてほしい、土日や昼間にも説明会を開催してほしい、といった要望もありましたが、都側から前向きな答えはありませんでした。

 「まだ質問のある方は連絡先に問い合わせてください。対応します」というのが都の回答でしたが、個別対応では情報の共有ができません。案はまだ素案の段階であり、「今後、説明会で出された意見もふまえて計画案を作成します」という東京都都市整備局都市基盤部街路計画課長のご発言もありました。都道小平3・ 3・8号線計画をどうとらえ、どのようにしていったらいいのかは、多くの小平市民の共通の関心事であり、多くの市民で共に考えていくべき問題だと考えます。そのためには、情報の共有が欠かせません。

 説明会の際に配布された資料には、素案が実行された場合のメリットについて、細かい数値を上げての説明がありますが、その数値の根拠等についての説明はなく、不明確です。説明会に参加した人の多くが感じたであろう、このような疑問に対して、東京都は、きちんとした対話のできる説明会を再度開催し、時間をかけて丁寧に説明すべきではないでしょうか。

 小平市民は等しく、この計画について詳しく知り、意見を計画に反映させることができるべきだと思います。しかし、小平市議会会派のフォーラム小平が昨年 12月に発行した「フォーラム小平レポート」によると、小平3・3・8号線計画に対する市民の意識調査の結果、この計画について「知らない」と答えた人は、68%に達しました。先日のたった2回の説明会で、この数値が大きく改善されたとは到底思えません。
 また多くの住宅(地権者約300人、約200世帯)を移転させ、玉川上水を36mも分断し、中央公園横の雑木林も失われるこの道路計画素案が実行された場合、小平市の環境が大きく変化することが予想されます。それを心配している多くの市民がいることが、先日の説明会で判明しました。

 昨年4月の市長選の際、小林市長が掲げたマニフェストには、約束44として「都市計画道路(3・3・8号線)は、住民合意を追求するよう東京都に求めます」と書かれ、「市として東京都に住民の意見を反映させる十分な協議をするとともに、東京都に対し、十分な説明責任と住民合意を図るよう強く求めます。」と説明されています。今こそ、市長には、約束を守り、東京都に「十分な説明責任と住民合意を図るよう」強く求めてほしいと思います。

 より多くの小平市民が、小平3・3・8号線計画について詳しく知り、この計画に対する意見を計画案に反映させることができるよう、また、より多くの小平市民が、共通の認識をもって、この計画について考え、議論する土台とするため、対話が可能な形で今の段階での説明会を再度小平で開催するよう、小平市は東京都に求めてほしいと思います。

 要請内容:小平市は、より多くの小平市民が小平3・3・8号線計画について詳しく知り、十分な議論ができるような説明会を小平で再度開催するよう、東京都に求めてください。


都道小平3・3・8号線計画を考える会
(代表 水口 和恵)

posted by 338 at 11:31| 338号線計画を考える資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

2/17、東京都に要請書を出しました

2月17日(水)、東京都都市整備局都市基盤部街路計画課と東京都建設局道路建設部計画課宛に、以下のような要請書を提出してきました。

2月3日と4日の説明会は、48年間全く動かなかった計画の手続きをスタートさせようとする説明会にしては、あまりにも短く、不十分なものでした。

都の説明は、計画の「変更」の説明に終始しました。回答されないままの質問も続き、1時間半+多少の延長という時間的制約のために、多くの人が質問できないままに終わりました。

都に聞くと、2日間の説明会に約600人が参加したそうです。平日の夜に連続して行われ、1日目はしんしんと雪が降る冷たい夜でした。この600人の他に、参加できなかった数多くの市民がいることが考えられます。

東京都は、きちんとした対話のできる説明会を開催し、時間をかけて丁寧に説明すべきです。説明会後、かなりの数の問い合わせが来ているとのことですが、個別でなく、市民が共有する場での説明が必要です。

今後、小平市にも、東京都に対してこの段階での説明会の開催を求めてほしいという内容の要請書を提出する予定です。

___________________________


要請書

                                2010年2月17日

東京都都市整備局都市基盤部街路計画課 御中
東京都建設局道路建設部計画課
都道小平3・3・8号線計画を考える会


 まだ寒い日が続いています。2月3,4両日に開催された小平3・3・8号線都市計画変更素案の説明会には、寒い中、数百人規模の市民が訪れ、この問題への関心の高さが伺われました。

 当日は、都側からの説明の後、質疑応答が行われましたが、時間的制約のために、まだ多くの人が手を挙げたまま、発言できない状態での終了となりました。また、質問することができた人も、一人一回に制限されたため、回答に対する再質問ができず、納得できないままという場合も多くありました。

 質問のなかには、もっと説明会を開いてほしい、土日や昼間にも説明会を開催してほしい、といった要望もありましたが、都側から前向きな答えはありませんでした。

 「まだ質問のある方は連絡先に問い合わせてください。対応します」とのお答えでしたが、個別対応では情報の共有ができません。案はまだ素案の段階であり、「今後、説明会で出された意見もふまえて計画案を作成します、」という街路計画課長のご発言もありました。都道小平3・3・8号線計画をどうとらえ、どのようにしていったらいいのかは、多くの小平市民の共通の関心事であり、多くの市民で共に考えていくべき問題だと考えます。そのためには、情報の共有が欠かせません。

 説明会の際に配布された資料には、素案が実行された場合のメリットについて、細かい数値を上げて説明されていますが、その数値の根拠等についての説明はなく、不明確です。説明会に参加した人の多くが感じたであろう、このような疑問に対して、東京都は、きちんとした対話のできる説明会を再度開催し、時間をかけて丁寧に説明すべきではないでしょうか。

 小平市民は等しく、この計画について詳しく知り、意見を計画に反映させることができるべきだと思います。しかし、小平市議会会派のフォーラム小平が昨年 12月に発行した「フォーラム小平レポート」によると、小平3・3・8号線計画に対する「市民意識調査」の結果、この計画について「知らない」と答えた人は、68%に達しました。先日のたった2回の説明会で、この数値が大きく改善されたとは到底思えません。

 また多くの住宅(地権者約300人、約200世帯)を移転させ、玉川上水を36mも分断し、中央公園横の雑木林も失われるこの道路計画素案が実行された場合、小平市の環境が大きく変化することが予想されます。それを心配している多くの市民がいることが、先日の説明会で判明しました。

 より多くの小平市民が、小平3・3・8号線計画について詳しく知り、この計画に対する意見を計画案に反映させることができるよう、また、より多くの小平市民が、共通の認識をもって、この計画について考え、議論する土台とするため、対話が可能な形で今の段階での説明会を再度小平で開催することを求めます。

 要請内容:東京都は、より多くの小平市民が小平3・3・8号線計画について詳しく知り、十分な議論ができるような説明会を小平で再度開催してください。


都道小平3・3・8号線計画を考える会 
(代表  水口 和恵)



posted by 338 at 00:00| 338号線計画を考える資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

東京都は次の手続きに! 環境影響評価調査計画書の縦覧と意見書の提出

2月3日、4日に開催された短時間のひどい説明会の報告と感想、資料の矛盾点などをブログに載せようと準備中ですが、国分寺の市報に次のような記事が出ましたので、こちらをまず、急いでお知らせします。

「国分寺都市計画道路3・2・8号府中所沢線及び小平都市計画道路3・3・8号府中所沢線建設事業」環境影響評価調査計画書の縦覧と意見書の提出 環境影響評価調査計画書の縦覧・閲覧
とあります。

これから始める環境影響評価(アセスメント)の計画書を見て、東京都に対して、意見を出す機会です。このブログでも計画書の問題点を挙げていきたいと思います。できるだけ多くの意見を届けましょう!

これは国分寺の市報なので国分寺市での縦覧・閲覧場所が出ていますが、おそらく小平市の20日の市報に、小平市での縦覧・閲覧場所の情報が掲載されると思われます。(※小平市からの案内はこの下に↓)

「国分寺都市計画道路3・2・8号府中所沢線及び小平都市計画道路3・3・8号府中所沢線建設事業」環境影響評価調査計画書の縦覧と意見書の提出資格環境影響評価調査計画書の縦覧・閲覧

【縦覧・閲覧期間】2月24日(水)〜3月5日(金)(土・日曜日を除く)
【時間・場所】
縦覧=午前9時30分〜午後4時30分・環境計画課(清掃センター内(国分寺市))
閲覧=午前8時30分〜午後5時15分・都市計画課(本町3-2-17)・オープナー(市役所付属棟(国分寺市))

■意見書の提出
【提出期間】2月24日(水)〜3月15日(月)
【提出方法】住所・氏名(法人その他の団体は事業名・団体の名称・代表者氏名・東京都内にある事務所または事業所の所在地)・環境保全の見地からの意見を明記し、郵送(消印有効)または直接

【提出・問い合わせ先】〒163-8001東京都環境局都市地球環境部都市づくり課(電話03・5388・3440)へ →(国分寺市)環境計画課(内355)

____________________________

この後、2/20になって、環境影響評価調査計画書の縦覧と意見書の提出についての以下のような記事が小平市報にも掲載されました。周知は市報だけで、説明会の時のように、ポスティングされたり、郵送されたりはしません。

府中市の同様の計画書は80ページを越えるものでした。これを期間限定で見せてやるから窓口まで来いというのでは、限られた人しか意見を出せないでしょう。周辺住民にはコピーが配られても当然と思いますが。。。
____________________________

環境影響評価調査計画書の
縦覧と意見書の提出

■環境影響評価調査計画書の縦覧
【とき】2月24日(水)〜3月5日(金)午前9時30分〜午後4時30分
 ※土曜・日曜日を除く

【ところ】
小平市環境保全課(市役所4階)
東京都環境局環境都市づくり課(都庁第二本庁舎8階)
東京都多摩環境事務所管理課(立川合同庁舎4階)

■意見書の提出
【とき】2月24日(水)〜3月15日(月)
【提出方法】事業者名、氏名、住所(法人その他の団体は名称・代表者の氏名・東京都内にある事務所の所在地)・環境保全の見地からの意見を記入し、問合せ先へ持参または送付(消印有効)
 ※土曜・日曜日を除く

【問合せ】東京都環境局環境都市づくり課(〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1)電話03(5388)3440

posted by 338 at 00:00| 338号線計画を考える資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

都市計画変更素案説明会のお知らせ

ご自宅にこのようなチラシが届いていますか? 「都市計画変更素案説明会のお知らせ」と書かれています。

東京都に問い合わせたところ、このチラシは道路の周辺ほぼ150メートルの範囲のお宅にポスティングしたそうです。さらに、郵送で案内が送られたお宅もあるようです。

imgec59237ezikezj.png

img68d72580zikczj.png

posted by 338 at 00:00| 338号線計画を考える資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。