2011年01月18日

小平市長からの回答

 11月15日に提出した、小平市長への要請書への回答が届きました。2月の都主催「都市計画変更素案説明会」で十分な質疑が行われなかったこと、8月の市主催「3・3・8号府中所沢線地域懇談会」では、事業者である東京都も、市長さえも出席せず、不十分な会であったと指摘した上での要請書だったのですが、市長からの回答は、以上の二つをやっていますというもの。

 東京都の事業であっても、市民の声を聞き、地元自治体として都と交渉した自治体もあるのです。小平市にも、もっと市民の側に立って、積極的に都に働きかけをしていただきたいと願います。最後に「必要があれば別途、懇談会等を設定」する、と書いてあります。その必要性については、くりかえし訴えてきたところです。こちらについては強く要望していきたいと思います。

110117_338要請書返答.png以下に回答の文字データがあります。


posted by 338 at 10:14| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

今年もどうぞよろしくお願いいたします

 新年あけましておめでとうございます。今年もご指導・ご支援よろしくお願い致します。

 私達の会にとって、今年は忙しい年になりそうです。小平3・3・8号府中所沢線の建設が周辺環境に与える影響について、東京都は昨年5月から環境影響評価の調査を行っていますが、その結果は1年ほどで出される予定になっています。

 つまり、今年5月頃には、環境影響評価書案が出される可能性が高く、評価書案が出れば、東京都はその評価書案と同時に、都市計画案についての説明会を開催し、その後、都民の意見を聞く会を開催して、環境影響評価書を確定し、都市計画審議会を経て、事業認可へと進んでいくことになります。

 この手続きの間には、私達が意見を述べることができる機会が何度かあります。これまでの例を見ても、それらの意見が実際の計画に反映される可能性はほとんどないと言えますが、それでも、何も意見を出さなければ、計画はそのまま問題なく進められていくことになるので、出さないわけにはいきません。

 同時に、今年4月には、都知事選挙と市議会議員選挙が行われることになっています。これらの候補者に対して、私達の会としては、小平3・3・8号府中所沢線の建設計画に対してどのような立場を取るのかについて、アンケート調査をする予定にしています。

 昨年12月、会計検査院は、国土交通省が道路建設に際して実施している費用対効果分析が、交通量の予測なども含めて、いかにいいかげんなものであるかを指摘しました。このあたりを突破口として、東京都ががむしゃらに進めようとしているこの道路建設計画の不合理性を訴え、計画の見直しへと進めていければ、と願っています。そのためには、より多くの方の支えが必要です。どうかよろしくお願い致します。

2011年1月    都道小平3・3・8号線計画を考える会 代表 水口 和恵
posted by 338 at 10:04| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

小平市長への要請書の回答は年明けに

 11月15日に、小平市長小林正則氏宛てに要請書を提出したことをご報告しましたが、ご記憶でしょうか? 詳細は11月15日の日記へ。
 このたび、小平市より年明けに文書で回答するとご連絡いただきました。回答がありましたら、ブログでもご紹介したいと思います。 
posted by 338 at 14:31| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

2011年2月6日「歩いてみよう! 338号線をたどってみる」のおしらせ

 来年2月に、どんぐりの会とこだいら自由遊びの会の共催で、338号線予定地を歩く会が開かれます。昨年は都道小平3・3・8号線計画を考える会主催で歩く会を開催しましたが、都合がつかず、行けなかった方もいらして、機会があったら歩いてみたいという声がありました。実際に歩いてみると、体で感じて分かることがあると実感しました。寒い季節ですが、どうぞご参加ください。詳しくはどんぐりの会のブログへ。
DSC02210.JPG

府中市西原交差点周辺の府中所沢線(328号線)
posted by 338 at 13:21| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

2010/12/12シンポジウム「私たちの健康と道路」

次の日曜日には、シンポジウム「私たちの健康と道路」があります。詳細はこちらへ!
ラベル:府中所沢線
posted by 338 at 11:30| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

小平市議会のインターネット配信始まる!

 12月定例会から、小平市議会本会議のインターネット配信(録画)が始まるようです。12月定例会は試行配信、3月定例会から本格的に配信していくとのこと。

 市議会で関心がある質問や審議が行われても、平日の昼間では駆けつけられない場合もあります。会議録がアップされるまでの間に忘れてしまって、結局チェックしそこなったまま、という経験はありませんか?

 インターネット配信は会議の3日後(土曜、日曜、祝日を除く)から行われ、次の定例会の前日までの間見られるようですから、これは画期的です。小平市ホームページ内の市議会のページから見られるので、来週はじめには、一度チェックしてみませんか? 

 もう一つ、議会の変化ですが、9月定例会から、一般質問は従来の一括質問一括答弁方式に加え、一問一答方式でも行えることになったそうです。いくつもの質問をまとめて行い、まとめて回答する、という今までの方式は、まず、聞いていてわかりにくいものでした。傍聴していると、質問と回答が対応しているのかな?と思うような場面もありますし、このまま終わり?と感じることもあったので、一問一答方式の場合、再質問の回数に制限がないというのも、大事なことだと思います。慣れないやり方で、議員さんたち、市の方たちは大変かもしれませんが、この変化は大歓迎です。


<一括質問一括答弁方式>
 議員が通告書に示したすべての質問事項を一括して質問し、次に市側が一括して答弁する方式で、再質問も同様に行う(質問回数は3回まで)。

<一問一答方式>
 最初の質問は一括質問一括答弁方式と同様に行うが、再質問からは一問ごとに質問し、そのつど答弁する方式(再質問の回数は制限なし)。

 今回のような議会の改革は、市民のはたらきかけがあってこそ実現したものだと思います。あきらめず、関心を持ち、声を上げ続けていかないといけないなあとあらためて感じました。
posted by 338 at 11:50| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

小平の用水路を知っていますか?

ちょっと前になりますが、11/21(日)、玉川上水ライフらいんprojectの茶屋deトークで、こだいら水と緑の会の馬場政孝さんのお話を聞きました。

11/2-4の「この緑、守るのだ〜れ?」展の時に、こだいら水と緑の会の展示コーナーで「小平の用水路」という冊子を入手しました。玉川上水には処理水が流れ、新堀用水には多摩川の水が流れている、という程度の知識しか持ち合わせていなかったのですが、この冊子がとてもよくできていて、おもしろく読みました。新堀用水に沿って歩く用水路散策が11/13に開催され、これには参加したいと思いながらかなわず、残念に思っていました。

馬場さんのお話で特に驚いたのは、玉川上水の水温が23.4度の時に、新堀用水では12度だったということ。これほど水温が違うとは驚きます。用水には多摩川水系の魚が住んでいるそうです。昔は水がきれいで、年二回の沼さらいの時にギバチという魚をつかまえて食べるのを楽しみにしていたものだ、 とこのあたりの古老の話には必ず出てくるそうです。あたりまえに生きている生きものが大事、生きものが生きられない世界は人間も生きにくいとおっしゃっていました。

うちに一番近い用水は新堀用水ですが、ザリガニをとったり、葉っぱを流したりして遊んでいる子どもたちのほうが、用水についてはずっとくわしそうです。

こだいら水と緑の会は、希望があれば、小平市の小学校に小学4年生の出前授業に来て、子どもたちに「小平の用水路」の冊子を配布してくださるそうですよ。ぜひ学校に働きかけてみてください。
(※冊子についての詳細は朝日新聞2010年10月29日朝刊「小平の用水路わかりやすく 児童向けに歴史など解説冊子」

個人的には、「338号線が玉川上水を分断するなんて!」とは思っていたのに、「新堀用水を分断!」と考えていなかったことに思い至りました。。。

IMG_6529.jpg
「この緑、守るのだ〜れ?」展にやってきた小川用水のアメリカザリガニとあぶらはや。
posted by 338 at 22:33| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

ブログのカテゴリについて

この都道小平3・3・8号線計画を考えるブログは、旧ブログから少しずつデータを引越中です。

右上のカテゴリで記事を分類していますが、「計画見直しを求める署名」のカテゴリからは署名用紙がダウンロードできます。ぜひ署名運動にご協力ください。

新しく「338を考える資料」というカテゴリを作りました。今のところは過去に338を考える会がまとめた報告書や提出した要請書、東京都や小平市が公開した資料のうち、旧ブログで公開したものしか入っていませんが、今後は、会として入手し、分析したデータなどをもっと入れていこうと思っています。

338を考える会で不定期に発行している「338号線計画を考える通信」については、「338を考える会の通信」カテゴリにまとめています。こんなふうに、少しずつ工事を進めていきますので、どうぞあちこち開いてみてくださいね。

20101127hayashi2.jpg
posted by 338 at 22:10| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

小平アートサイト'10 ギャングエイジ展をご覧になりましたか?

2010年11月15日(月)〜2010年11月25日(木)の間、小平中央公園(雑木林を含む)と武蔵野美術大学の構内で小平アートサイトが開催されました。今年は、武蔵美の学生だけでなく、他校からも参加して参加人数約70名による大規模な展覧会となったようです。小学生向けのワークショップもあり、パワーアップした感じです。

20101127gangage5.jpg

どんぐりの会のブログに、散歩がてらちょっとだけのぞいたアートサイト展の様子を掲載しました。ご覧ください。今回、小平中央公園内の24の作品のうち7つは、338号線予定地の雑木林に展示されていました。

この展示企画がとてもいいのは、彫刻を身近に感じ、じっくり思うままに見られること。そして、雑木林の木漏れ日、木々の落ち葉、雨や風、音など、自然の中のさまざまな要素で作品が変化するのを見られること。このことはおそらく作品や作者にとっても幸せなことなのではないでしょうか。学生主催でこうした大規模な展示が続けられていることは、この地域にとって貴重な財産だと思います。
posted by 338 at 03:01| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

2011/1/15は「地球交響曲ガイアシンフォニー第7番」の上映会へ

 中央公園の雑木林などでプレーパークを開催している小平プレーパーク準備委員会が、来年1月にルネ小平で「地球交響曲ガイアシンフォニー第7番」の上映会を開催する予定です。小平市も後援しています。お楽しみに! 以下が上映情報です。詳細はプレーパークのホームページでチェックしてくださいね。
______________________________

映画「地球交響曲ガイアシンフォニー第7番」上映会

日時:2011年1月15日(土)
昼の部 14:00開場 14:30開演〜
夜の部 18:00開場 18:30開演〜
場所:ルネこだいら中ホール(※駐車場はありません)

◎チケット
前売券 1200円(一般・学生共通)
当日券 一般1500円 学生1200円

◎昼の部では、託児15名を承ります( 1歳以上、一人1000円、おやつ飲物持参です。要事前申し込み)。託児のお申込み・お問い合せは、電話090−1771−7431(足立)まで。

◎チケット販売店
カフェ・スロー国分寺(JR国分寺駅南口徒歩5分)、コトリ花店(小平市小川町2丁目、喫茶ギャラリー青らんぎのそば)、松明堂書店(西武国分寺線鷹の台駅前交番前)、ルネこだいら(西武線小平駅南口徒歩3分)

主催:小平プレーパーク準備委員会 協賛:プレイセンターピカソ 後援:小平市

posted by 338 at 22:53| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/12/24-26タリの会の写真展へ

 「この緑、守るのだ〜れ?」の展示準備で大変お世話になった平野さん主宰のタリの会が、中央公民館で写真展を開きます。国家対国家の話ではなく、個人と個人で、お互いを知ることがまず大事ではないでしょうか。どうぞおでかけください。詳細はこちらのサイトへ。
_________________________

ともだちになろう! 歴史を知ろう!
古代文化の伝来と韓国併合100年 写真展

 日本が大韓帝国を併合してから100年目の年が暮れようとしています。地域でともに暮らす隣人、とりわけ日本人と朝鮮人が友だちとしして仲良く暮らせる新しい年を迎えるために、日本と朝鮮の歴史をふりかえってみませんか。

 日時: 12月24日(金)〜26日(土) 10:00〜18:00 ※最終日は16時まで。
 会場: 小平中央公民館ギャラリー
 入場: 無料
 主催: タリの会

パネル展
 鳥居・しめ縄はどこから来たか(協力・高麗博物館)

写真展 
 韓国併合100年(協力・「韓国併合」100年市民ネットワーク)

「私の人生」を聞く会
  1. 25日 15:00〜16:00 (在日朝鮮人二世オモニ)
  2. 26日 13:30〜14:30 (在日朝鮮人一世オモニ)
 時間変更の場合はご容赦ください
ラベル:タリの会
posted by 338 at 11:56| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

東京のポテンシャル

 11/4に中央公民館で講演してくださった服部圭郎さんが、ご自分のブログで「小平市の都道338号線の整備について思いを巡らす[道路整備事業の大罪]」という文章を書いてくださっています。ぜひお読みください。

 あちこちで同じような計画が、見直しもされず、当初の目的を失ったまますすめられようとしています。この338号線の問題は、その一つ。あとは小平市だけしか残っていないのに中止するなんて地域エゴだ、というような問題ではなく、この「内部崩壊」をどこで止めるのか、という問題だと思うのです。
posted by 338 at 11:33| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

2010/12/12シンポジウム「私たちの健康と道路」

国分寺市で以下のようなシンポジウムがあります。国分寺3・2・8号線は小平3・3・8号線と同じ道路の国分寺部分です。ぜひおでかけください。
_________________

市民の手による街づくりシンポジウム Part3「私達の健康と道路」

車優先でなく、人間優先の道路を!
 都市計画道路が計画通りに造られると、将来国分寺市は40万台もの車が行き交う街になり、道路による健康被害は深刻となります。
 「緑豊かな歴史の街国分寺」。静かな「農と住の街」国分寺市にあこがれ、転居して来た方々も多いと思います。市の真ん中に4車線もの道路が造られようとし、国分寺市の環境は悪化の方向へと進んでいます。 わが街♪「終の棲家」、そして「子ども達の故郷」国分寺の街づくりを、ご一緒に話し合いませんか。

日時 12月12日(日)13時30分〜16時30分
場所 国分寺市 本多公民館 大ホール
1. ビデオ「みんなで勝ち取った勝利和解」(上映15分)東京大気汚染公害裁判
2.「今のままでいいのか国分寺の道路−国土交通省の方針は」標 博重氏(首都圏道路問題連絡会代表幹事)
3.「道路の健康被害」ストレスと内臓疾患 荒井成彦氏(訴訟団員)
4.「判決間近!」328号線裁判の現状 吉田健一弁護士(訴訟団弁護士)
5.皆さんから・・・騒音・振動・大気汚染の被害・道路状況・街づくりなど

<シンポジウム実行委員会> 三多摩健康友の会国分寺支部・年金者組合国分寺支部・36m道路を考える会・国分寺革新懇・国分寺3.2.8号線訴訟団
posted by 338 at 10:20| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

2010/11/28学習会「命あふれるまちをつくる」

当会の代表水口が、学習会でお話することになりました。ぜひお出かけください。

「都道小平3・3・8号線計画のどこが問題なのか、わかりやすくお話できればと思っています。市民の声が計画に反映されるようにするためには、どうしたらよいのか、一緒に考えていただければ幸いです。」水口和恵
__________________

市民自治こだいら 連続学習会
「命あふれるまちをつくる」  

11月28日 13:30〜 学園西町地域センター

お話:
上原公子(前国立市長)まちづくりは市民のもの
水口和恵(都道3・3・8号線計画を考える会)道路は地域を豊にしない
大沢 豊(立川市議)医療行為の必要な子どもへのケアを考える〜立川市の取り組みから

posted by 338 at 22:23| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

2010/11/27学習会「ふえ続ける小児喘息と深刻化する大気汚染」

 小児喘息が増え続けているのをご存知でしょうか? 子どもたちが育つ環境の悪化は深刻です。三市ごみ連絡会とNPO法人小平環境の会の共催で、以下のような学習会が開かれます。

 「この緑、守るのだ〜れ?」展の展示に参加くださった東京公害患者と家族の会の石川牧子さん、大越稔秋さんも報告されます。小児科医の山田真さんの講演もありますよ。
2010年11月27日学習会チラシ.jpg
posted by 338 at 10:46| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。