2012年06月06日

明日、10日、11日のスケジュール

通信9号ですでにお知らせしましたが、あらためて、明日、10日、11日と続く予定をお知らせします。

明日6月7日、『都民の意見を聴く会』


時間:10時半〜(10時より整理券配布)
場所:ルネこだいら中ホール


小平3・3・8号府中所沢線(3・2・8号線に改称予定)建設に向けて、東京都は一昨年から昨年にかけて環境影響評価調査を実施し、昨年秋、環境の観点から建設には「問題ない」と結論づける「環境影響評価書案」を公表しました。

東京都は、その評価書案について、手続き上必要な『都民の意見を聴く会』を明日、6月7日(木)午前10:30〜(おそらく15時位まで)ルネこだいら中ホールにて開催します。「都民の意見を聴く会」では東京都が公募した「公述人」13人が、東京都環境影響評価審議会委員らの前で1人15分以内で意見を述べます。当日10時から会場で傍聴券が配布されます。

より多くの方が傍聴にいらっしゃることが、東京都に建設見直しを求める力になります。是非お誘い合わせて、傍聴にいらしてください。


6月10日(日)「小平338号線建設予定地を歩いてみよう」

13時 恋ヶ窪駅集合
雨天決行 参加費200円


まだ、道路予定地を歩いたことのない方、恋ヶ窪駅からなので、気軽に歩ける短い距離です。一緒に歩いてみませんか?

申込み:人数把握のため、なるべく事前に以下までお申込みください。
e-mail:VZB17246@nifty.ne.jp 携帯:090-8341-9170(水口)※当日参加も可


6月11日(月)ミニ学習会「ドイツと日本の都市はなぜ違うのか?」

日時: 6 月 11 日(月)10:30 〜 12:00
場所: 学園西町地域センター 2 階 第一娯楽室


参加費:500 円

講師:水島 信氏(建築家)
(著書:『ドイツ流街づくり読本 ~ ドイツの都市計画から日本の街づくりへ』(2006、鹿島出版)『続・ドイツ流街づくり読本 ~ 日本とドイツの都市はなぜ違うのか ~』(2011、鹿島出版会)など)

日本の大学を卒業後にドイツに渡り、ドイツと日本で建築設計と都市計画に携わってきた水島氏に、ドイツの美しい街並みと、日本の無秩序な都市との違いや、その要因、あるべき街づくりのあり方について、お話をうかがいます。



posted by 338 at 20:36| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。