2011年11月04日

説明会だけで1260万円!

10月15日、17日、18日の三日間、小平市で開かれた都市計画変更案・環境影響評価書案の説明会。参加者の人数は、1回目約200人、2回目約100人、3回目約200人、合計約500人だそうです。

巨大なプロジェクター、警備員のあまりの数に驚き、この3回の説明会に一体どれだけの経費がかかったのか、東京都都市整備局に電話でヒヤリングしました。

1260万円だそうです。
お金がかかっているとは思っていたけれど、ここまでかけているんですね。びっくり。

内訳は…
会場設営費:110万(警備人件費、音響、椅子・机・プロジェクターリース代、設営自体の委託代金)*椅子、机もリース。会場設営は業者委託。

パンフレット・チラシ作成・印刷・配布費:450万(説明会配布のパンフレット、事前の説明会開催の黄色いお知らせチラシ)

スライド、掛図作成費:250万

*その他:450万(玉川上水橋梁部設計図検討など事業区間の基本的構造の検討業務)

___________________

*「その他」で出てくる「基本的構造の検討業務」は、説明会のためにのみ行ったことではなく、説明会以前からの作業でもあり、説明会用の費用としてのみには区分けできない費用だとか。そこで検討された設計図を元にしてスライド用として加工されたものを、今回スライドとして使用したということだそうです。ちなみに、これら全ては外部へ委託している作業です。


posted by 338 at 18:53| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。