2011年04月14日

小平市議選公開アンケート質問5ー4(党派別50音順)

小平市議会議員選挙にあたっての立候補予定者への公開アンケートの回答を公開中です。自由記述式の質問5の回答を、党派別(50音順)におしらせします。4ページ目は、民主党、みんなの党の立候補予定者の回答です。

質問5、小平3・3・8号線、および道路政策一般について、どうお考えですか。ご自由にお書きください。

(民主党)

石毛航太郎
3・3・8号線の都市計画線に係る地域や、その近隣にお住いの方々にとっては、大変大きな問題である一方、当該地域から離れた地域に住んでいる方は、なかなかこの問題についての話題が聞こえてこないという現実があると思います。
小平市民である自分としては、雑木林がなくなることは、大変残念である一方で、東京都民である自分としては、慢性的な交通渋滞は解消していくべきとも考えます。
私の中では明確な答えはありませんが、行政および市民の間で話し合う必要があるという考えについては賛同します。

久下幸廣
道路行政は都市計画道路を中心に住民エリア区域の狭隘道路解消として、地域環境の配慮、歩行者、自転車、車道などのそれぞれの役割を明確にし、緊急時の救急車また地震災害時の空間など多くの利点も考慮し計画すべきです。小平市は行政界周辺道路も含め狭隘道路も多く、道路行政は多くの課題があります。財政の視点を考慮しつつ、一歩でも前に進むべきと考えています。

小林よう子
kobayashi.yoko04.png
小平に南北道路は確かに必要だと思いますが、それを最優先させるのではなく、守るべき緑や、景観について、もっと話し合う事が大切だと思います。
今まで民主党の斉藤あつし都議がコーディネートしてきたような、行政に対して意見をいう場、計画について勉強できる場などをより発展させていくことが出来れば、と考えております。

斎藤貴亮
 3・3・8号線が全線開通することにより小平市内の府中街道や青梅街道の渋滞が緩和され、救急搬送の時間短縮、渋滞回避を目的とした住宅街への流入交通の減少など、それにより守られる市民の安全や安心もあると思います。しかしながら、その為に多くの樹木等みどりが減少するということも見逃すわけにはいかないと思います。減少するみどりをどうするのかという具体的な、現実的な計画を東京都は提示する必要があると思います。また、事業費が250億円や300億円とも予想されていますが、救急搬送という観点から考えますと、人ひとりの生命とお金は天秤に掛けられるものではないと思っております。
 今後は、前述2.及び3.での回答致しましたが、東京都と住民の双方納得のいく結論が出せるように、影響のある4市民と東京都の担当者との話し合いの実現が必要と考えています。
 道路建設の際に、騒音や大気汚染などの環境破壊について自動車が悪者の様に語られていることに不快感を覚えております。東京都が示した自動車の予想通行量が性格であるとは思えませんが、自動車がこの世から無くなることもあり得ません。所有者数は減少傾向にありますが、レンタカーの車両台数は増えているのも現状です。自動車単体で考えた場合、昭和48年以降自動車は排ガス規制が敷かれ年々厳しい排ガス規制へとなっています。また、近年はご承知と思いますが、ハイブリッドカーや電気自動車、燃料電池車、クリーンディーゼルといった今までの排ガス規制以上に環境に配慮した車輌へと変化してきております。騒音につきましては、タイヤ自体もエコタイヤ、ハイブリッドタイヤ等、静かで低燃費のタイヤへと進化しております。しかし、エコカー・エコタイヤだから自動車が走行することで環境に影響が無いとは申しませんが、自動車の現状も考慮して頂きたく存じます。

滝口 幸一
 道路政策については、道路の持つ機能(救急搬送経路・大規模火災時の延焼防止帯・公共交通、運輸機能の確保など)のメリットとデメリット(交通量の増加、騒音など)、沿線住民の方々、道路の恩恵を受ける人たちのことを広く考慮して進める必要があると考えます。

吉本祐之
yoshimoto-1.jpg
小平3・3・8号線については、東京都の都市整備局と話し合いがなされていると聞いています。引き続き、東京都・小平市と住民のそれぞれの意見を聞きながら方向性を定めていきたいと考えています。

(みんなの党)

吉池たかゆき
自然の破壊は再び取り戻すことが出来ません。
道路政策は、利便性を理由に安易に遂行すべきではありません。
決定には市民との対話を重視し、慎重の上にも慎重を期すべきです。


*表記は原文のままとしています。
*「顔写真も提供いただければ、一緒に公開いたします」と事前にお知らせし、ご提供くださった方の写真を掲載しています。



posted by 338 at 10:10| 110424小平市議選公開アンケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。