2009年02月20日

都道小平3・3・8号線計画を考える通信0号

都道小平3・3・8号線計画を考える会が、計画予定地周辺で約13000部配布したおしらせです。どこにも通信の名前を記載していませんが、通信0号として載せておきます。(ブログのアドレスはこの後変更)

一部言葉足らずなところがありました。

チラシの中で「東京都は小平3・3・8号線を6年後に着手あるいは完成予定としています」と書いているのは、「東京都は小平3・3・8号線を6年後の平成27年度(2015年度)までに着手あるいは完成予定としています」の方が正確な表現でした。

第三次事業化計画の「今後10年間(平成18〜27年度)で優先的に整備すべき路線」という表現はあいまいですが、東京都都市整備局のホームページの中には、この第三次事業計画にもとづいて都や市町がどういう対応をしていくかという方針をまとめたものがあります。※1

これを見ると、東京都の側は「整備」という言葉を、するりと「着手または完成」と言い替えるのだということがわかって、びっくりします。

つまり、小平3・3・8号線を含む優先整備路線は、「平成18年度から27年度までに整備(着手または完成)すべき路線」とされています。

(画像はクリックすると拡大します)

img07481180zikfzj.jpg
img17d46c14zik9zj.jpg
【※1の資料の場所】東京都のホームページの中の
「多摩地域における都市計画道路の整備方針(第三次事業計画)」
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/topics/h18/topi004.htm

→「『多摩地域における都市計画道路の整備方針(案)』に対する都民意見の概要と東京都・28市町の考え方及び対応方針」の6ページ

東京都・28市町の考え方及び対応方針
「優先整備路線の選定は、平成18年度から27年度までに整備(着手または完成)すべき路線として、整備の緊急性を考慮し設定した評価項目及び地域固有の課題に照らして選定を行いました。この第三次事業化計画に基づき、重点的かつ効果的な道路整備を進めていきます。」


posted by 338 at 00:00| 338号線計画を考える通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。