2011年01月20日

2011/01/18小平市議会議員対象の学習会を開催

 一昨日、小平市中央公民館ホールにて、小平市議会議員を対象とした学習会「小平都市計画道路3・3・8号府中所沢線『道路の整備効果』を検証する」を開催しました。市議7名、市の担当課職員2名がご参加くださいました。

 東京都が338号線の必要性を示すために作成した資料「道路の整備効果」について、道路公害反対運動全国連絡会の標博重氏(当会の世話人)が、ねばり強い情報公開請求によって得た圧倒的な量の行政資料を示し、東京都も国も、これらの資料で示された交通量予測などの数値の根拠を明確に説明できない、いいかげんな姿勢であることをわかりやすく解説しました。また、道路の必要性を示すはずの資料がこれだけ多くの問題を抱えているとなると、いったん事業をストップする決断が行政には必要だと指摘しました。

 これらの重要な資料については、今後、このブログで少しずつ解説付きでご紹介していきたいと思っています。



posted by 338 at 10:24| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。