2011年01月18日

小平市長からの回答

 11月15日に提出した、小平市長への要請書への回答が届きました。2月の都主催「都市計画変更素案説明会」で十分な質疑が行われなかったこと、8月の市主催「3・3・8号府中所沢線地域懇談会」では、事業者である東京都も、市長さえも出席せず、不十分な会であったと指摘した上での要請書だったのですが、市長からの回答は、以上の二つをやっていますというもの。

 東京都の事業であっても、市民の声を聞き、地元自治体として都と交渉した自治体もあるのです。小平市にも、もっと市民の側に立って、積極的に都に働きかけをしていただきたいと願います。最後に「必要があれば別途、懇談会等を設定」する、と書いてあります。その必要性については、くりかえし訴えてきたところです。こちらについては強く要望していきたいと思います。

110117_338要請書返答.png

小林正則市長からの回答(文字データ)
 
日頃より、小平市政にご理解、ご協力いただき厚くお礼申し上げます。

 さて、「小平都市計画道路3・3・8号府中所沢線についてでございますが、小平都市計画道路3・3・8号府中所沢線は、小平市都市計画マスタープランによって整備が必要な主要幹線道路として位置づけております。
 また、小平都市計画道路3・3・8号線の五日市街道から青梅街道までの区間は、平成18年4月に東京都及び26市2町で策定しました、「多摩地域における都市計画道路の整備方針」(第三次事業化計画)で優先整備路線に位置付けられている路線であり、小平市としても早期整備を望んでおります。この都市計画道路の事業化にあたり、昨年2月3日、4日に、市内の会場で東京都主催による都市計画変更素案に関する説明会が開催されました。
 市といたしましても、昨年8月7日、8日に市内の会場で小平市主催による地域懇談会を開催し、都市計画道路の整備状況について説明を行い、市民の方からいただいたご意見にお答えし、また、東京都に結果を報告しております。今後も、東京都に対して市民の方に十分な説明を行うことを要望してまいります。
 なお、タウンミーティングについては市政全般について話し合う場と考えておりますので、小平都市計画道路3・3・8号線に限定して開催する考えはございませんが、必要があれば別途、懇談会等を設定してまいる予定です。
 今後も、小平市政にご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

 なお、この件についてのお問合せは、
 都市開発部まちづくり課(電話042−346−9828)にご連絡ください。

平成23年1月14日


都道小平3・3・8号線計画を考える会
代表 水口和恵様

小平市長 小林正則


posted by 338 at 10:14| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。