2010年11月28日

小平アートサイト'10 ギャングエイジ展をご覧になりましたか?

2010年11月15日(月)〜2010年11月25日(木)の間、小平中央公園(雑木林を含む)と武蔵野美術大学の構内で小平アートサイトが開催されました。今年は、武蔵美の学生だけでなく、他校からも参加して参加人数約70名による大規模な展覧会となったようです。小学生向けのワークショップもあり、パワーアップした感じです。

20101127gangage5.jpg

どんぐりの会のブログに、散歩がてらちょっとだけのぞいたアートサイト展の様子を掲載しました。ご覧ください。今回、小平中央公園内の24の作品のうち7つは、338号線予定地の雑木林に展示されていました。

この展示企画がとてもいいのは、彫刻を身近に感じ、じっくり思うままに見られること。そして、雑木林の木漏れ日、木々の落ち葉、雨や風、音など、自然の中のさまざまな要素で作品が変化するのを見られること。このことはおそらく作品や作者にとっても幸せなことなのではないでしょうか。学生主催でこうした大規模な展示が続けられていることは、この地域にとって貴重な財産だと思います。


posted by 338 at 03:01| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。