2010年11月24日

2010/12/12シンポジウム「私たちの健康と道路」

国分寺市で以下のようなシンポジウムがあります。国分寺3・2・8号線は小平3・3・8号線と同じ道路の国分寺部分です。ぜひおでかけください。
_________________

市民の手による街づくりシンポジウム Part3「私達の健康と道路」

車優先でなく、人間優先の道路を!
 都市計画道路が計画通りに造られると、将来国分寺市は40万台もの車が行き交う街になり、道路による健康被害は深刻となります。
 「緑豊かな歴史の街国分寺」。静かな「農と住の街」国分寺市にあこがれ、転居して来た方々も多いと思います。市の真ん中に4車線もの道路が造られようとし、国分寺市の環境は悪化の方向へと進んでいます。 わが街♪「終の棲家」、そして「子ども達の故郷」国分寺の街づくりを、ご一緒に話し合いませんか。

日時 12月12日(日)13時30分〜16時30分
場所 国分寺市 本多公民館 大ホール
1. ビデオ「みんなで勝ち取った勝利和解」(上映15分)東京大気汚染公害裁判
2.「今のままでいいのか国分寺の道路−国土交通省の方針は」標 博重氏(首都圏道路問題連絡会代表幹事)
3.「道路の健康被害」ストレスと内臓疾患 荒井成彦氏(訴訟団員)
4.「判決間近!」328号線裁判の現状 吉田健一弁護士(訴訟団弁護士)
5.皆さんから・・・騒音・振動・大気汚染の被害・道路状況・街づくりなど

<シンポジウム実行委員会> 三多摩健康友の会国分寺支部・年金者組合国分寺支部・36m道路を考える会・国分寺革新懇・国分寺3.2.8号線訴訟団


posted by 338 at 10:20| 338を考える会より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。